作業記録 特別編 ブッシュ交換 

走行距離が進んで、ガタガタ、ゴツゴツするとなると、たいていの方は、ショック交換の時期かとお考えでしょう。
それは、広告宣伝を多く目にするパーツだから、そう思い浮かびますが、実際には別の問題が進んでいます。
直進時に、低速で段差を越えて、ハンドルにゴトゴト感じる場合、多くの原因は、スタビリンクの不具合です。

そして、ぜひ交換をおすすめしたいパーツ、それは、ゴム製のブッシュ類です。
アッパーマウント、バンプラバー、そしてアーム類のブッシュ交換はとても重要なパーツです。
常にクルマの振動と戦っていて、ゴム製となれば、劣化して当然です。

新車の時は、全てがしなやかで、ガタン、ゴツンなんて直撃的な感覚は皆無なはず。
距離が進み、ショックを交換しても、この感じが元に戻らないのは、ゴム製品のブッシュ類のせいです。

足回りのアーム類の付け根は、普通はゴムマウントで出来ています。(特殊な車両は違います。)
万人が普通の乗るには。有る程度の逃げと遊びを作らないと、シビアになり過ぎて乗られない。
じゃないと、女性がスーパーの輪止めにゴツンと当てたら足回りは曲がってしまいますよね。

このゴムの部分が硬くなったりひび割れしていたら、動かなかったり、動きすぎたりして調子が悪いという事です。
いくら厳密にアライメント調整しても無意味になってしまいます。
アライメント調整は、1箇所 0.01mm を調整しますが、劣化したゴムブッシュは、5mm 動きますから。

ブッシュ交換は、正直難しいし、地味で面倒なので、ディーラー様は、ほとんどやりません。
時間がかかる割りに、儲からない。10年たったら新車を買って欲しいから。必要以上に治さない。

だったら、当社は出来る限りお手伝いしていこうと思っています。

ブッシュを使っている場所は多数有りますから、全箇所交換は事実上不可能ですが
簡単に出来る影響の大きい部分だけ交換しても、きっと効果は有るはずです。
当店で出来る範囲は限られますが、少しだけ過去の参考例をこちらにご報告します。

レガシィのページと内容が重複しますが、ご了承下さい。

BP系のレガシーのショック交換時に、フロントロアームの

ブッシュを同時に交換される方がとても多いです。


このようにプレスを使って、ブッシュを打ち換えします。
多くのクルマは、ロアアームの後ろ側、ここが問題

距離が進むと大抵はこんな状態になっています。

ゴムがひび割れしてボロボロに。

こうなると、きっちりアライメントを調整しても意味が有りません。

フロントトーは、ブレーキを踏む度に、大きく外側に開き

タイヤは内減りしますし、
ハンドリングに大きな影響が出ます。
中古レガシィブッシュの拡大画像です。

下の2個がフロントロアアーム後ろ側

ひび割れして、大きな亀裂が入っていますね。

この状態だと、ステアリングレスポンスは望めませんし

タイヤが内減りするのは当然です。


交換するとかっちり感が戻るのは分かりますね。
同様に、レガシィのフロントロアアームブッシュですが、

本来ゴムブツシュのセンターに鉄管スリーブが

有るはずですが、距離が進むとこんなにズレてきます。


キャンバーも大きく付いてしまうでしょう。
レガシィ リアトレーディングアームブッシュ交換です。

この部分の交換効果は大きいと思います。

劣化している場合、アライメント調整で、リアトーを

決めても、簡単に動いてしまいますから。


簡単に車両から外れる場合は、プレスを使います。
トレーディングアームブッシュの交換等、

車両から外すと、難易度はかなり高くなる場合

出来るだけ車両から外さずに、空中で圧入交換するよういたします。
交換の為の特殊工具は、まあまあ揃っていますが

初めて挑戦するクルマが多く、毎回困難な状況にぶつかり

知恵と工夫で取り組んでいます。
スバル レガシィ BPE のデフマウント リアブッシュを

交換しているところ

メンバーを全体的に下げて スペースを作り

特殊工具で空中で圧入交換しています。


もちろんデフは外しますし、結構大掛かりな作業です。
BMW Z3 フロント アッパーマウント 新旧の比較

左 新品

右 中古

車重によって、ゴム部がこんなに潰れています。

車高が下がるのも分かりますね。


BMWの3シリーズ Z4 などは全般的にこうなっています。
AUDI TT 8N フロント アッパーマウント 新旧の比較

左 中古

右 新品

車重によって、ゴム部がこんなに潰れています。

車高が上がって欲しくない気持ちも有りますが、これでは

衝撃吸収と言う意味ではダメでしょうね。


VWゴルフ3.4系などは全般的にこうなっています。
BMW Z3 フロントロアーアームブッシュ 新旧の比較

上 新品

下 中古

この部分は、メーカー側があえて逃げを作っている部分なので

距離が進むと、かなり状態は悪くなっています。

タイヤが目立つ内減りしていたら原因はここです。
レガシィ BR/BM系の足回り リフレッシュなら

交換すべきはこんなところです。

ゴトゴト音が出ていたら、まずスタビリンクを交換しましょう。
レガシィ BP/BL系の足回り リフレッシュなら

交換すべきはこんなところです。

アッパーマウント等は、必然交換なので省いています。
ホンダ S2000 AP1/2 のブッシュ交換

純正パーツだとアームごとの供給ですが、

スプーンさんは、各部バラ売りしているから助かります。
BMW E46 M3 リアトレーディングアーム ブッシュ交換

特殊工具を使って空中で行いました。


フロントのブツシュを交換される方は多いと思いますが、

リアはここがウィークポイントだと思います。
毎回ブッシュ径に合いそうなスリーブを見つけて

慎重に打ち換え作業していきます。
ホンダ エリシオン RR3 

フロントロアアームブッシュ交換です。


アームごとの供給しかない事の多い国産車ですが

エリシオンは各パーツの供給が有りました。


国産メーカーの場合、事故したら交換するパーツと

思っているだけかも知れません。

軽自動車などは、アームごとでも安いし、ぜひ交換すべきです。
VW ポロ 6R GTI の

リアトレーディングアームブッシュの交換作業です。


ブレーキホースも切らないとここまで降りませんから

ブレーキオイルのエア抜き等の作業も伴います。

その分時間がかかるので工賃も高くなります。
トレーディングアームの脱着は大変すぎるから

空中で打ち換えしました。

それにしても難易度の高い作業でした。


ブッシュの外周が金属なら良いのに樹脂だから逆に大変でした。
マツダ ロードスター NB8C

サスペンション 全ブッシュ交換です。 

これでも全部の画像では有りません。
ロードスターのブッシュは、外周が金属製ではなく

ゴム製が多いから、そんなに難しくは有りませんが、

数が多い分作業に時間はかかります。
ポルシェ 986 ボクスター

ブッシュ単品の販売が無かったので、アームごと

全てを交換しました。


とても時間がかかりました。
スカイライン BNR32 GT-R

NISMO製 アッパーアームブッシュの打ち変えです。


寸法指定が有りましたので、厳密に調整しました。

強化品となっています。

ホンダ ビート PP1 の

ロアアーム関係のブッシュを交換しました。

さすがに、アーム本体の品番など廃番になっていて

ご用意できるのは、これで全てと言えます。

それでも必要な部分の全てを交換できました。

同時に スプーン リジカラ も装着しました。

 

国産の本格的なプレス機とプレスを使わず空中で打ち換え作業が出来る特殊工具を持っています。 

誠に申し訳有りませんが、日帰りできる程度の作業しかお引き受けはしておりません。


〒505-0044 岐阜県美濃加茂市加茂川町 3−9−25
WEB CAR SHOP カーピット アイドル
営業時間 10時 〜 18時  定休日 木曜日
TEL  0574-23-0766

FAX  0574-23-0655

中部運輸局 認証自動車整備工場