作業記録 特別編 デリカ D:5 

人気の有る ミツビシ デリカ D:5 のお問い合わせが増えています。

サスペンション交換についての参考ページを作りました。 これから徐々に記事も増やしていこうと思っています。
良かったら、
ご参考になさってください。

ミツビシ デリカ D:5 CV5W ガソリン 4WDに

KYBニューSRショックを装着する場合

交換すると良さそうなパーツは、このくらいです。

フロントアッパー、ベアリング、バンブラバー

スプリング下ラバーシート、

リアアッパー部の上下ブッシュ、スリーブ、バンプラバーです。

こちらは、ビルシュタイン B6 ショック

ミツビシ デリカ D:5 CV5W ガソリン 4WD用です。

ブーツは付属しています。

こちらは、ビルシュタイン B6 ショック

ミツビシ デリカ D:5 CV1W  ディーゼル 4WD用です。

一般的に、ディーゼル車の方が重量が重く

ショックの減衰力が硬いように思います。

ビルシュタインをD:5 のフロントに装着した画像です。

バネはノーマル再使用で良いと思います。

10万キロを越えていたら、新品にした方が良いと思います。

ビルシュタインは、構造上ストロークが多くは無いので、

上げる下げるするにしても、2インチ以内と思います。
リアはこんな見た目になります。

がっちり路面をとらえる印象ですね。
こちらは、これから発売する

モンロー製、ミツビシ デリカ D:5 CV1W 用です。

先日ガソリン車のテストを行いまして、

今回は、ディーゼル専用のショックを装着しました。


ガソリン、ディーゼルともに良い印象でした。

硬すぎず、柔らかすぎずと言う印象です。
フロントはこんな見た目です。

ブラックなので、地味では有りますが、

なかなか高性能なんです。

乗り心地に角の有るゴツンと言う感覚が嫌な人には

お勧めです。
リアはこんな見た目になります。

乗り心地も良好でした。
ミツビシ デリカ D:5 CV5W の

リアのトレーディングアームブッシュの交換作業です。

かなり亀裂が入っていて、今にもちぎれそう。

過走行のデリカは、こんな状態になっている

クルマは多いと思います。
特殊工具を使って、空中で打ち換え交換に挑戦しました。

全部のアームを外すと、とても時間がかかるから

交換費用も凄くかかると思うし、早く安く行った方が

良いと判断しています。
新品ブッシュは、こんなに密度が有りました。

この車両は、6インチアップなので、それに合わせた

角度にて圧入作業いたしました。


乗り味は絶対に良くなったはずです。

以下に、CV5W 純正パーツの部品図と参考価格(単価)を記載しました。 車体ナンバーにより、価格は変わるとお考え下さい。



以上がフロント関係になります。ショックの交換時に、このくらい揃えると良いと思います。

ロアアームはアッセン(一体)でも高くないからアッセン交換が良さそうですね。

ロアアーム交換は、効果が高いクルマと思われます。



ご予算の有る方に、リアのアーム類、ブッシュの交換をおすすめします。


ここまで交換しますと、乗り心地はぐっと良くなります。部品代はお安いのですが、交換工賃はそれなりにかかりそうです。



お客様がご用意されたアーム類を持ち込みいただき、当社でブッシュだけ交換する作業もお引き受けいたします。

  

  

アライメント調整もお任せ下さい。かなりの台数の実績がございます。

アライメント調整時のご注意として、
デリカ D:5は、リアトーの調整カムワッシャーボルトが割りと簡単に破損します。(ミツビシ車全般に言えることです。)
距離が進んでいるとか、雪の降る地域の車両の場合は、事前に新品パーツを準備されると良いです。




バネ スプリングを縮めるコンプレッサーもこれだけの種類を持っています。

 

ご要望の多いブッシュ交換の為、本格的な国産プレス機、ブッシュ交換用の特殊工具も持っています。


お見積をご希望の方は、車体ナンバーを記載してメール頂けると助かります。
事前に状態をちょっと見て欲しいと言う方は、出来るだけご予約の上でご来店くださいませ。


〒505-0044 岐阜県美濃加茂市加茂川町 3−9−25
WEB CAR SHOP カーピット アイドル
営業時間 10時 〜 18時  定休日 木曜日
TEL  0574-23-0766

FAX  0574-23-0655

中部運輸局 認証自動車整備工場